妊娠時葉酸サプリを摂取するときの注意点

妊娠初期から摂取することを勧められる葉酸サプリですが、飲むときには十分な注意が必要です。

飲み方や飲む量を間違ってしまうと、効果を半減させてしまうことにつながるからです。

過剰摂取に要注意

妊娠中に葉酸サプリを飲むように勧められるのは、葉酸が不安定な栄養素だからです。

ビタミンB群の一種である葉酸なのですが、食品から摂取すると調理中や消化の段階で葉酸が流れ出てしまって、その食品に含まれる量の半分、もしくはそれ以下しか実際に体に吸収されません。

私はそれを知ってとても驚きました。

妊娠してから葉酸を摂取するために一生懸命に緑黄色野菜を食べていたのですが、思っていたほど葉酸の摂取量が増えていなかったのです。

そのため葉酸の含有量が多い食品を食べても過剰摂取につながることはないのですが、サプリメントの場合は異なります。

妊娠時には一日あたり400μgの葉酸を摂取するように勧められているのですが、それ以上摂取してしまうと副作用が起こるリスクが高まります。

また葉酸サプリ以外でも葉酸を含む食品を食べていると考えられますので、サプリにてそれ以上の葉酸を摂取してしまうと過剰摂取につながりやすくなります。

私も葉酸を飲み始めるタイミングが少し遅くなってしまったので、早めに葉酸の効果を得たくて葉酸サプリを最初のうちは規定量の二倍摂っていました。

しかし副作用について調べてみると、副作用のリスクがあることがわかったのです。

過剰摂取による副作用

葉酸サプリを過剰摂取することにより、食欲不振やむくみ、吐き気といったリスクを高めてしまいます。

妊娠すると特に妊娠初期はつわりの症状に悩まされる妊婦さんがほとんどです。その症状をさらに悪化させることにもつながってしまうのです。

私も妊娠初期は吐き気が強く出てしまってかなりつらかったものでした。それ以外にも発熱やじんましんを起こすこともあるのでやはり過剰摂取は避けた方がいいのです。

もちろん用量をしっかり守って摂取すれば問題ありませんので妊娠時は積極的に摂取しましょう。

葉酸サプリはいつから飲むべき?

妊娠中や授乳中の女性が飲むように勧められる葉酸サプリですが、一体いつ頃から飲み始めるのが理想的なのでしょうか。

妊娠を計画している段階から摂取するべき

私も妊娠してから産院にて葉酸サプリのサンプルをもらい、葉酸の重要性について書かれてある冊子をもらいました。

それから葉酸サプリを飲むようになったのですが、はたしていつ頃から飲むべきなのか、そしていつまで飲んだ方がいいのかよくわかっていなかったのです。

そこで葉酸サプリをいつから飲むのが望ましいのかを調べてみると、妊娠を計画している段階から飲むのが望ましいということが分かりました。

私は妊娠を希望していましたがそこまでの知識はなく、妊娠前は残念ながら摂取していませんでした。

ですからもっと早くから摂っておけばよかったと後悔したのです。

妊娠初期は胎児が作られるとても重要な時期になりますので、その時期に葉酸を摂取することが胎児の奇形リスクを低減するのに効果的です。

もしも妊活をしているならその時期から葉酸を摂取すると、妊娠率を上げるのにも効果的に働いてくれます。

これは女性だけでなく男性にも言えることで、男性もパートナーの妊娠を希望するなら葉酸を取った方がいいのです。

それを知った私は旦那さんにも葉酸サプリを飲ませておけばよかったと後悔してしまいました。

葉酸はサプリメント摂取が望ましい

サプリメントは本来食品から摂取できない分を補う目的で摂取するのですが、葉酸に関してはサプリメントでの摂取が推奨されています。

私も当初は食べ物から葉酸を摂取しようとしたのですが、推奨される量を取るにはかなりの量の葉酸を含む食品を食べる必要が出てきました。

段々それも面倒になってきましたし、食事のレパートリーもなくなってきましたのでサプリメントにて摂取することにしたのです。

ところでなぜサプリメントでの摂取が勧められているのかというと、ひとつは葉酸が熱や水に弱い特性を持っているからです。

調理中に葉酸の栄養素が流れ出てしまう、胃酸で溶けることもあるためサプリメントのほうが安定して葉酸を摂取できます。

妊娠中に食べて良いものと悪いもの

健康や美容のためにサプリメントを摂取している方も多いのですが、理想は食べ物から栄養を摂取して足りない部分をサプリメントで補うことです。

妊娠、授乳中の女性に摂取を勧められる葉酸ですが、葉酸を含む食品からできるだけ摂取するようにして足りない分をサプリメントで補えるようにしましょう。

妊娠中に気を付けたい食品

妊娠中は胎児にとって悪影響となる栄養素もあるため、摂取を控えた方が良い食品もあります。

しかしその中には葉酸を多く含んでいるものがあるため、気が付かないうちにたくさん食べてしまっていることがあります。

そのような場合、葉酸を摂取してもそれ以外の悪影響が出る危険性が高くなってしまうため、十分な注意が必要になります。

妊婦が特に注意したい食品の一つにレバーやうなぎの肝が挙げられます。

これらには脂溶性ビタミンが含まれているのですが、葉酸以外にもビタミンAやビタミンDも多く含まれています。

これらのビタミン類は体内に蓄積されやすく、過剰摂取に陥る危険性を高めてしまいます。

その結果、本来葉酸の摂取で低減できる奇形児のリスクを逆に高めることにつながってしまうのです。

明太子やすじこといった魚卵系にも十分な注意が必要です。

魚卵にはリステリア菌と呼ばれる菌が含まれているのですが、その菌に感染する危険性を持ち合わせています。

しかも、妊婦は妊娠していない時よりも抵抗力が弱くなっているため、余計に注意が必要なのです。

私も妊娠してから積極的に葉酸を食品から摂取しようと試みたのですが、意外にも食べすぎを控えた方がいい食品が多かったことに驚きました。

葉酸の含有量だけで食べ物を判断すると危険なのです。

妊娠中でも安心な食品

妊娠中でも安心して摂取できる葉酸を含む食べ物が枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリーなどです。

他にもアスバラガスやいちご、水菜や菜の花がそれに該当します。

基本的に緑黄色野菜なら妊娠中でも安心して葉酸摂取ができますが、それでも足りない分は葉酸サプリの力を借りて補いましょう。