妊娠時葉酸サプリを摂取するときの注意点

妊娠初期から摂取することを勧められる葉酸サプリですが、飲むときには十分な注意が必要です。

飲み方や飲む量を間違ってしまうと、効果を半減させてしまうことにつながるからです。

過剰摂取に要注意

妊娠中に葉酸サプリを飲むように勧められるのは、葉酸が不安定な栄養素だからです。

ビタミンB群の一種である葉酸なのですが、食品から摂取すると調理中や消化の段階で葉酸が流れ出てしまって、その食品に含まれる量の半分、もしくはそれ以下しか実際に体に吸収されません。

私はそれを知ってとても驚きました。

妊娠してから葉酸を摂取するために一生懸命に緑黄色野菜を食べていたのですが、思っていたほど葉酸の摂取量が増えていなかったのです。

そのため葉酸の含有量が多い食品を食べても過剰摂取につながることはないのですが、サプリメントの場合は異なります。

妊娠時には一日あたり400μgの葉酸を摂取するように勧められているのですが、それ以上摂取してしまうと副作用が起こるリスクが高まります。

また葉酸サプリ以外でも葉酸を含む食品を食べていると考えられますので、サプリにてそれ以上の葉酸を摂取してしまうと過剰摂取につながりやすくなります。

私も葉酸を飲み始めるタイミングが少し遅くなってしまったので、早めに葉酸の効果を得たくて葉酸サプリを最初のうちは規定量の二倍摂っていました。

しかし副作用について調べてみると、副作用のリスクがあることがわかったのです。

過剰摂取による副作用

葉酸サプリを過剰摂取することにより、食欲不振やむくみ、吐き気といったリスクを高めてしまいます。

妊娠すると特に妊娠初期はつわりの症状に悩まされる妊婦さんがほとんどです。その症状をさらに悪化させることにもつながってしまうのです。

私も妊娠初期は吐き気が強く出てしまってかなりつらかったものでした。それ以外にも発熱やじんましんを起こすこともあるのでやはり過剰摂取は避けた方がいいのです。

もちろん用量をしっかり守って摂取すれば問題ありませんので妊娠時は積極的に摂取しましょう。